アスペルガー症候群であると診断されました。

子どもがアスペルガー症候群と診断されました。
実は以前から他のことは違うのではないかという疑問はありました。
しかし、もしかするとしつけの問題かもしれないと、親である自分の性ではないかと考えていたのも事実です。

友人が子どもの様子を見て、医師に相談することを勧めてくれました。
半信半疑で受診をしたのですが、アスペルガー症候群という診断を受けたのです。

原因がわかれば、子どもが苦労をしない対応の方法を見つけることにも繋がりました。
子どもと一緒にアスペルガー症候群に向き合える第一歩になったので、本当に良かったと感じます。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク